書評YouTubeチャンネルはコチラ

怒りで時間を無駄にしない方法|田村耕太郎『頭に来てもアホとは戦うな!』

怒りで時間を無駄にしない方法|田村耕太郎『頭に来てもアホとは戦うな!』

\動画アニメーションで見たい方/

「やられたらやり返す、倍返しだ!」

の危険性…

ゆうすけ

どうも、最近腹が立つことがあった、ゆうすけです

今回ご紹介する学びは「怒りで時間を無駄にしない方法」についてです。

コチラの『頭に来てもアホとは戦うな!』という本をもとにご紹介します。

著者の基本情報

  • 田村耕太郎 著
  • 日本戦略情報支援機構代表取締役
  • 国立シンガポール大学リー・クワンユー公共政策大学院兼任教授
  • 前参議院議員

怒りで時間を無駄にしない方法

「やられたらやり返す」という思考の危険性

本書では、「やられたらやり返す」という思考の危険性について書かれています。

なぜなら、アホとやり合う時間が無駄でしかないからです。

ここで言う「アホ」というのは、むやみやたらとあなたの足を引っ張る人のことです。

そういったアホとは、正面から力のぶつかり合いをするのではなく、相手の力を利用して、こちらに有利な体勢を持っていく。

空手よりも、合気道のような立ち振る舞いがすすめられています。

「正義は必ず勝つ」という教育

日本では「正義は必ず勝つ」という教育がされています。

最後に水戸黄門がでてきて、悪い奴はやっつけられる、どこからかスーパーマンが現れて助けに来てくれる。                   

これは、現実世界で起きないからこそ、ドラマや映画のエンタメとして楽しめられるわけです。

ゆうすけ

こうして、日本人が思い描く理想と、現実のギャップが生まれるわけです

集中するべきこと

ゆうすけ

ここで、著者の田村さんがモットーとしていることが、自分と共感できる部分があったので紹介します

自分がコントロールできることだけに時間もエネルギーも集中するべき

ということを田村さんはモットーとしているそうです。

残念ながら、日本のような嫉妬社会ではアホが出世しやすい。

能力がある人は、多数のアホに足を引っ張れて潰される可能性が高いからです。

これをうけて田村さんは「人生はそもそも理不尽なもの」という現実感覚を持つことを勧めています。

『頭に来てもアホとは戦うな!』本書概要紹介

本書では、

  • 上司から不当な評価を受けること
  • 不本意な人事異動を受けること
  • 権力を振りかざして偉そうにしていること

これらを、「まぁ、現実ってそういうものだ…。」と認識したうえで、それらの手な対処の仕方・気持ちの持ちようが書かれています。

そしてその上で、最後には

他人の目を気にするのではなく

自分に目を向けること

ライバルはアホではなく、自分であるとした生き方のすすめが書かれています。

時間は限られた資源です。そのなかで、

  • 誰かの悪口を言ったり、理不尽な扱いに不平を垂らしている人
  • 現実を受け入れて、上手く利用して成長できる人

ゆうすけ

どちらになりたいかは、言うまでもありませんよね

まとめ

今回は田村耕太郎さんが書かれた『頭に来てもアホとは戦うな!』という本をもとに、「怒りで時間を無駄にしない方法」について書きました。

ゆうすけ

「アホとは戦わない」なんて、頭では無駄だとわかっていても、実行するのは難しいですよね…
  • 自分の足を引きずるような人を気にしてしまう人
  • 「自分ってなんてツイていないんだ…」と感じる人

はぜひ、本書を読んでみてください!

どんな時代に生きても、人生は天から与えられた宝物のようなものである。

本書より

\お得に本を読む/

月に本を1冊でも読む人は、kindle unlimitedで読み放題がお得

 

 

「読書・活字が苦手!」という人は、Amazon audibleで本を聴くのがおすすめ

 

 

ゆうすけ

安く・お得に・便利に本を読む方法はコチラの記事にまとめました
本を安く・お得に・便利に買う方法まとめ【Amazon関連多め】 本を安く・お得に・便利に買う方法まとめ【Amazon関連多め】