書評YouTubeチャンネルはコチラ

人生を見つめ直したい人のためのショート・ストーリー集|イグゼロ著『チャンネル・ゼロ』

人生を見つめ直したい人のためのショート・ストーリー集|イグゼロ著『チャンネル・ゼロ』

\動画アニメーションで見たい方はコチラ/

「なぜ自分が、こんなところにいるのか?」

まるで違った世界に放り込まれた人たちは、

いったいどんな風に生きるんだろうね?

ゆうすけ

どうも、人生見つめ直し中のゆうすけです

今回は「人生とは…?」というちょっと哲学チックなお話です。

コチラの「チャンネル・ゼロ」という本をもとにご紹介します。

著者の基本情報

  • イグゼロ 著
  • ライター・株式トレーダー
  • 個人カウンセラー・企業コンサルタント・セミナー講師としても活躍
NOTE
コチラの本、約230Pのページ数に32個のストーリーが詰め込まれています。

なので、一つひとつのストーリーはとても短いのですが、それぞれ、人生や生き方などの考え方を改めさせてくれました。

すべて架空の設定の物語なのですが、現実世界に投影できる内容となっています。

「どうして、嘘の物語を作るのか?」という質問に対し、著者のイグゼロさんは、「真実を伝えるためです」と答えたそうです(ネットの情報なので曖昧ですが…)

ゆうすけ

今回は、32個の物語の中で今の僕に最も印象に残った物語をひとつご紹介します
ネタバレ注意

紹介する1つの物語に関してはここから先はネタバレになってしまうので、「新鮮な気持ちでこの本を読みたい!」という方は閉じてください。すみません!!

“落とし穴つきエレベーター”

紹介するのは“落とし穴つきエレベーター”というお話(短く伝わるように本文を少し変えて略しています)。

ある男は、いつのまにか小さな部屋の中に放り込まれていました。

その部屋には、1枚のコインが落ちていて、表には「幸運」、裏には「不運」と書いてあった。

男は好奇心で何気なくコイントスしてみると「幸運」と書かれた表側が上を向いた。

すると、その小部屋全体がスルスルと上がり、今までとは違った景色が見えるようになった。

男は面白くなり、もう一度コイントスをしてみると今度は「不運」がでた。

すると突然、男が立っていた床がパカリと割れ、男は落とし穴にはまったかのように落ちて行ってしまった。

落ちた先は、一度上昇する前に見えていた最初の景色だった。

「なるほど。」この部屋ではコイントスで「幸運」の表が出ると一階上昇し、「不運」の裏がでると、落とし穴が開く、という仕組みらしい。

コインの表裏の確率は50%で幸運が続くこともあれば、不運が続くこともあった。

これを繰り返していくうちに、男はあることを試してみることにした。

「不運」がでたとき、床がパカリと開き、男は下の階に落ちそうになるが、その時、男は必死に床にしがみつき、なんとか下の階に落ちないようにへばりついた。

しばらく必死に頑張っていると、床は元に戻り、下の階に戻されることが免れた。

ときには「不運」が連続してでたときは、疲れて耐え切れずに、頑張っても下の階に落ちてしまうこともあった。

もう何回コイントスをしたかわからなくなったある時。

男は四方に広がる、以前ならば想像もできないような世界の景色に驚きの声をあげた。

男は、胸から湧き上がる感動を押さえられず涙を流した。

“落とし穴つきエレベーター”の感想

いかがだったでしょうか。

僕は、この物語を読んで、

ゆうすけ

「挑戦するって素敵やん」と思いました。笑

挑戦することとか、頑張ることって疲れるけど、、、ぼーっとしてたら、最高の景色に出会うこともできないし、なによりつまんない。

コイントスしまくって、ジェットコースターみたいな人生歩んで、

ゆうすけ

ちょっと人生はしゃぎすぎたわ。お疲れ、俺

みたいな感じで死にたいなと。笑

世の中、自分でコントロールできないことばかりで、ときには嫌なことだらけのときだってありますよね。

  • めっちゃ勉強頑張ったのに受験に失敗して落ちたときとか、
  • すんげー好きだった彼女に振られたときとか、
  • 好きなことを仕事にしようと思って会社辞めたときとか、、、

生きるのってそのときどきでめっちゃ疲れるなー、って思うんだけど(マジで人生ハードモードだわ..)、

いまの自分には想像できないような景色に向かってるって思えば、もっと頑張れるなって思いました。笑

ゆうすけ

たぶん「生きる」ってこういうことなんだろうなーと。

まとめ:こんな人におすすめ

おさらいすると紹介したコチラの本は、「嘘の物語で真実を知りたい人」におすすめしたい一冊です。

ゆうすけ

32個の物語の中に僕に刺さる物語がいくつもあったので、きっとあなたにも現実世界を考えさせてくれる物語が見つかると思います。

(めっちゃ面白そうな本じゃないですか?実際面白いのでぜひ読んでみて☆)

ちょっと余談…

僕は普段こういった架空のお話や小説ではなく、事実に則したノンフィクションの本ばかり好んで読みます。

ただ娯楽として本を読むのではなく、読書によって、現実世界に活かせるように、と思っているからです。

そんな僕にはこの「真実を伝えるために、嘘の物語を作る」という言葉のように、イグゼロさんの作る物語は、現実の僕の考えや行動に影響を与えてくれました。

男はふと「そういえば、コイントスをしない、という選択肢もあったな」

という考えがよぎったが、自分の考えに、ひとり苦笑いした。

「バカバカしい。コイントスをしなかったら、この世界にいる意味なんて、ないじゃないか」

\お得に本を読む/

月に本を1冊でも読む人は、kindle unlimitedで読み放題がお得

 

 

「ラクに本の情報を取り入れたい!」という人は、Amazon audibleで本を聴くのがおすすめ

 

 

ゆうすけ

安く・お得に・便利に本を読む方法はコチラの記事に詳しく紹介してあります!
本を安く・お得に・便利に買う方法まとめ【Amazon関連多め】 本を安く・お得に・便利に買う方法まとめ【Amazon関連多め】