書評YouTubeチャンネルはコチラ

お金持ちと貧乏人の違いとは?午堂登紀雄『年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人』

お金持ちと貧乏人の違いとは?午堂登紀雄『年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人』

\動画アニメーションで見たい方はコチラ/

お金持ちに成り上がった人の

「非常識」な習慣

ゆうすけ

どうも、貧乏人のゆうすけです

今回ご紹介する学びは「お金持ちの習慣」についてです。

コチラの「年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人」という本をもとにご紹介します。

著者の基本情報

  • 午堂 登紀雄(ごどう ときお)さん
  • 米国公認会計士
  • 不動産投資コンサルティング会社の経営
  • 個人投資家

コチラの本は、よりわかりやすく漫画版でも発売されているベストセラー本となっています。

お金持ちと貧乏人の違いとは?

お金持ちと貧乏人の違い

ゆうすけ

お金持ちと貧乏人の違いは一体なんでしょうか?

これは一言で表すのは難しいと思います。

なぜなら、年収1億と300万という大きな差は、あらゆる側面(習慣・行動・思考…)で異なるからです。

人生を通しての結果というのは、毎日の習慣によって変わります。

習慣というのは、その時々の行動や環境によって変わります。

そして、行動は思考によって変わります。

本著では、年収1億を稼ぐ人の「思考」「行動」「環境」「習慣」が、300万の人と対比する形で書かれています。

例えば、お金の使い方の違いについて…

300万の人

資金を銀行に突っ込む

1億の人

ビジネスに突っ込む

ということが紹介されています。

これは、「100万円あったら何に使いますか?」という質問に対するお金持ちと貧乏人の考え方の違いです。

300万の人の発想

  • 貯金をする
  • 旅行に行く
  • 服やバッグを買う

1億の人の発想

  • 事業家ならビジネスにまわす
  • 会社員なら自己投資にまわす

ゆうすけ

お金持ちにとっては、お金は「貯めて寝かせるもの」ではなく、「回転させてもっと稼げるように使うもの」という発想を持っているということ!

本著ではこのような「稼ぐ人」になるための比較が65個書かれています。

ゆうすけ

あまり詳細を語るとネタバレになってしまうので僕なりに総括すると…
貧乏人

  • お金を寝かせるor娯楽にばかり使う
  • 何事も受動的に反応する
  • 常識に左右される
  • 不安定よりも安定を求める
お金持ち

  • お金を使ってお金を増やそうとする
  • 何事からも能動的に学ぼうとする
  • 常識を疑う心を持つ
  • 現状に満足しない向上心がある

ゆうすけ

ざっくり言うとこんな感じかなと思います

本著『年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人』のおすすめポイント

僕がこの本のいいと思った点は3つ。

  1. ビジネス書でよくみる言葉が網羅的に書かれている点
  2. スグに実践できることが紹介されている点
  3. 読んでいるとモチベーションが上がる点

ビジネス書でよくみる言葉が網羅

これに関しては、良くない点・悪い点のように思われるかもしれません。

ですが、「ビジネス書でよくみかける考え」ということは、それだけ大切だということ。

それらが網羅的に書かれているため、その重要性を再確認することができました。

スグに実践できる

本著で書かれている例を紹介すると、

300万の人は「待ち合わせの5分前に着き」

1億の人は「待ち合わせの30分前に着く」

というところ。

これは中途半端に5分前に着き、その時間をぼーっと過ごすのではなく、30分前に着きカフェに入って作業することができれば、時間を有効活用できるうえに、約束の時間に遅れる心配もない、ということ。

ゆうすけ

これくらいのことであれば、明日にでも実践できますよね!

30分前に着いて本屋に立ち寄ってみたり、普段は見ないお店に入ってみるということだけでも、新たな発見があるかもしれません。

NOTE

中には、スグ実践することが難しいことももちろんありますが、自分の生活レベルに落とし込んで考えてみるといいと思いました。

モチベーションアップ

この本を読んでいると年収1億の人の頭の中を垣間見ることができ、その人と自分のギャップがありすぎて、

ゆうすけ

まだまだ自分はちっぽけだ…

ゆうすけ

もっと頑張ろう!

とモチベーションアップにつながりました。

なので、もっと本を読み、実践し、成長していきたいと思っています。

まとめ:こんな人におすすめ

おさらいすると紹介したコチラの本は、

  • 稼ぐ人は何を考え行動しているのか知りたい人
  • 逆に稼げない人ってどこがダメなの?

という人におすすめしたい一冊です。

お金持ちとそうでない人の65個の比較は、それぞれコンパクトに短くまとめられているので、サクッと読めると思います。

「お金持ちになりたい!」

お金に好かれる人は何を考え行動したのか…

そのヒントが満載…だと思います。(僕は貧乏人側なので本著に書かれていることが正解かどうかは、年収1億を稼いでから吟味することにします..)

ゆうすけ

年収1億の男に、おれはなる!